【ミャンマー】日本への渡航に必要な書類 (新型コロナ陰性証明書)

     

ミンガラーバー!(こんにちは!)Japanese Help Desk Myanmarの通訳チョーです。
皆さま新年明けましておめでとうございます。
今年もJapanese Help Desk Myanmarをよろしくお願いします。

 1月13日午前0時(日本時間)以降、日本へ入国するすべての人(日本人も含む)に出国前72時間以内のコロナ検査証明書の提出が必要になりました。
日本入国の際に必要になるPCR検査陰性証明書はミャンマー政府から発行する陰性証明書になり、現行の政府ガイドラインではプライベートの医療機関では対応ができません。
現在、海外渡航者用のPCR検査は National Health LaboratoryとN Health Myanmar Co., Ltd.の2ヶ所で実施できます。どちらも外務省が指定している条件を満たしたフォーマットで書類を発行しています。

(1)ヤンゴン国立衛生研究所(National Health Laboratory:NHL)

・住所:No.(35)Hmaw Kon Daik Street, Dagon Township,Yangon
・代表電話番号:01-371957(英語・緬語)(予約専用電話番号はございません)
・検査方法:RT-PCR法(核酸増幅検査)
・検査受付時間:月~金(午前9時30分~午前11時00分まで:予約不可
・検査結果・証明書交付:検体採取の翌日午後3時~午後4時
・受検必要書類:パスポートの写し、航空券の写し
・料金 200,000MMK(検査費+証明書発行費)
・ホームページ:https://facebook.com/NationalHealthLaboratory/

実際にNHLでの検査を受けられた方からの情報

・(1月11日受検者より)ミャンマー人と外国人で受付が分かれており、外国人レーンには20人弱が並んでいた。検査終了まで所要時間1時間半だった。

・(1月14日受検者より)事前に聞いていた外国人専用レーンが無く、ミャンマー人と同じ列に並んで順番を待った。午前8時台に到着したがすでに多くの方が並んでおり、検査が終わるまでほぼ半日かかった。各国行きのフライトが16日に重なっていたようで、物凄い人だった。

 

(2)民間検査機関(N Health Myanmar Co., Ltd.)

①検査機関:N Health Myanmar Co., Ltd.
・予約専用電話番号:09-443 200 200, 09-889002323(英語,緬語)
・予約受付時間:毎日(午前9時~午後6時:検査前日までに予約必須

②検体採取所:Tourists Burma Building
住所:Sule Pagoda Road (corner of sule Pagoda Rd and Maha bandula Rd), Kyauktada Township, Yangon
・電話番号:09-253545656(英語,緬語)
・検査方法:RT-PCR法(核酸増幅検査)(注1)
・受検必要書類:パスポート写し、航空券写し、国内線航空券予約番号(注2)、申請書(注3)
・検査時間:予約時に指示された時間に来院(大方午前9頃)

③検査結果・証明書交付所: N Health Myanmar Co., Ltd.
・住所:No.807,Corner of 11th street and Marharbandoola Road, Lanmadaw Township
・検体採取の翌日又は検体採取日の夕刻
・料金:215,000MMK(RDT-Ag検査15,000MMK+RT-PCR検査、証明書発行費)(注4)
・N Health Myanmar(FB):https://www.facebook.com/NHealthMyanmarFanpage/

(注1) RT-PCR受検希望者は、はじめにRDT-Ag(迅速抗原検査)を受検し、陰性が確認された後にRT-PCR検査が実施されます。RDT-Ag検査陰性が確定されるまで(約1~2時間),Tourists Burma Building内での滞在を求められます。RDT-Ag検査陽性の場合には、保健省の指示に従っていただきます(隔離措置がとられます)。

(注2) 保健省の指示によりRDT-Ag検査実施の際,国内線予約番号が必須となりますので,ご協力お願いいたします。(RDT-Ag検査終了後,キャンセルしてください。)

(注3) 申請書は予約時にN Health Myanmar Co., Ltd.からemailで送付されます。

(注4) 証明書の交付には、検体採取所で費用を支払った際に受領する領収書の提示が必要です。

 

プレステージインターナショナル社のヘルスケアプログラムご加入企業様、現地メディカルサポートプログラムご加入企業様、個人会員様は、検査機関への問い合わせやオンライン通訳対応を行いますので、お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. インドの病院の休診日、医師のお休みの取り方について

  2. 医療情報

    【インドネシア】大規模社会規制が緩和方向に

  3. 【インドネシア】インドネシアは7月下旬に新学年度開始

  4. 【タイ】しっかりと手洗いをしましょう。

  5. 【フィリピン】海外メディカルサポートプログラムの販売開始

  6. 【インドネシア】アフターコロナ問題?小児急性肝炎

スタッフブログバナー
PAGE TOP