【フィリピン】日本に渡航する際のPCR検査の陰性証明について

     

再度発令された緊急事態宣言に伴い、2021年1月13日0時(日本時間)以降国籍、目的を問わず
全ての入国者に出国前72時間以内のPCR検査の陰性証明の提示が必須となりました。
専用のフォーマットを外務省が作成しているので、どこの病院でも入手できるというわけではありません。
また、記載が可能な病院、施設でも検査場所が違う場合は対応ができないことがありますので事前に必ずご確認ください。
マニラエリアではマカティメディカルセンターにて所定フォーマットの発行が可能です。
ジャパニーズヘルプデスクへご依頼いただければ、PCR検査当日のアシストや必要書類の作成、
陰性証明の入手代行をサポートさせていただきます。
ご希望の際は下記連絡先までいつでもご連絡ください。
ジャパニーズヘルプデスク マカティメディカルセンター
携帯番号(Globe)0917-716-9007
メールアドレス mmc@j-helpdesk.com

関連記事

  1. 医療情報

    【ミャンマー】日本への渡航に必要な書類 (新型コロナ陰性証明…

  2. 【インドネシア】5月5日コロナ緊急事態宣言取り消し

  3. 【タイ】入国後の14日間隔離施設内の診察

  4. 【タイ】タイにおける新型コロナワクチン接種状況

  5. 【カンボジア】カンボジア 医療ニュースレターの配信を始めまし…

  6. 【インドネシア】コロナ患者数が激減しました。しかし雨期による…

スタッフブログバナー
PAGE TOP