【ミャンマー】ダディンジュ満月祭り/JHD祝日のお知らせ

     

いつもJapanese Help Desk Myanmarをご利用いただきありがとうございます。
ミャンマーの伝統的な仏教行事である満月の祭り「ダディンジュ(Thadingyut)」が
10月29日から11月2日にかけ国全土で開催されます。

ダディンジュ祭りは雨安居(うあんご)が明けた西暦10月の満月の日(今年は10月31日)に迎える祝日です。
雨安居とは、草木が生え茂り、小動物が活発に活動する雨季に僧侶が外での修行をやめてお寺で修業することで、
仏教徒はこの期間、婚礼や旅行、引っ越しなどを控えます。

満月の日はお釈迦様が黄泉の国で天神様達に説教を伝えた後に天から舞い戻ってきた日に開催されます。
当日の夜は、お釈迦様が天から舞い戻る際に地上がよく見えるように、
家の玄関先やベランダにろうそくや提灯などで火を灯してお釈迦様を迎える準備をします。

ダディンジュは、普段お世話になっている人に感謝の意を込めて贈り物をする日でもあリます。
いつもお世話になっているJHD設置医療機関Myat Mon 東京クリニック院長のミント先生には、
先生の日本食好物詰め合わせセット(イクラ、ホッケの一夜干し、辛子明太子)で日頃の感謝の気持ちをお伝えしました。

▼ミント先生です!いつも的確で丁寧に患者さんを日本語診療してくださり、
私たちには医学的知識を分かりやすく教えてくださるとても優しいお医者さんです。これからもよろしくお願いします。

大型連休となることから、実家に帰省する人も多く、ミャンマー人にとっては家族と過ごす大切な時間となります。また、
学校もお休みになるので、家族と一緒に寺院など賑やかな場所へ出かけることができる、子どもにとっても楽しいお祭りです。

今年は新型コロナウイルス感染流行下での開催となるため、
先日国家最高顧問のアウンサンスーチー女史がミャンマー国民へ向け、以下の声明を発表しました。

ダデンジュが近づいていますが、集団で行うような計画はどうか立てないでください。
仏教の大切な行事で、普段は仏塔にお参りに行きますが、今回はそれも許可することが出来ません。
祝うなと言っているわけではないので勘違いしないでください。家から愛を送ったり瞑想したり、
家中で明かりを灯してください。灯りをたくさん灯す行為は三密ではありません。

通常であれば、在留邦人はお休みを利用して、日本へ一時帰国したり、
国外へ旅行に行きますが、今年はStay at home で過ごします。

Japanese Help Desk Myanmar も10月29日~11月2日はお休みをいただきます。
JHD設置医療機関のMyat Mon 東京クリニックは満月の日の10月31日は休診しますが、
その他4日は9:00~13:00で診療を行います。
皆様、平和で安全なダディンジュ満月祭りをお過ごしください。
https://www.j-helpdesk.jp/myanmar-hospital-list/

関連記事

  1. インドの病院の休診日、医師のお休みの取り方について

  2. 【インドネシア】2023年、新年の抱負は?

  3. 【フィリピン】日本人向け健康診断パッケージを用意いたしました…

  4. ジェイアイ傷害火災保険様の紹介動画でJHDを取上げて頂きまし…

  5. ジャパニーズヘルプデスク インドのご紹介

  6. インド じつは寒くもなります。

スタッフブログバナー
PAGE TOP