【インドネシア】マスク再び

     

■例年になく暑い乾期
日本から見ると「常夏の国インドネシアは年中暑くて大変なのだろう」と思われがちです。
しかし朝晩の爽やかさは格別ですし、強い日差しが一変してスコールが降り、ほんの小一時間ほどで火照った街をクールダウンします。塵も埃も、いろいろなわだかまりも、大雨で水に流してしまいそうです。ところがこの2023年の乾期は、スコールどころか雨がさっぱり降りません。どこもかしこも埃っぽく、街中を歩くときはマスクを着用して埃や排気ガスを防ぎたくなります。

■深刻な大気汚染
それもそのはず、インドネシア政府は先月のジャカルタの大気汚染が世界中で劣悪であると発表しました。
その尺度であるAir Quality Index(AQI)とは、大気中の汚染物質の濃度(PM2.5, PM10, 一酸化炭素、二酸化硫黄、二酸化窒素、地表面オゾン)とそれに関連する健康リスクを測定する指標です。

具体的なAQIカテゴリーとそれに対応するPM2.5(微小粒子状物質)の濃度は以下の通りです。
AQI   0-50=良好(Good):PM2.5 (μg/m³) 0-12.0
AQI 51-100=中程度(Moderate): PM2.5 (μg/m³) 12.1-35.4
AQI 101-150=敏感な人々にとって不健康(Unhealthy for Sensitive Groups): PM2.5 (μg/m³) 35.5-55.4
AQI 151-200=不健康(Unhealthy):PM2.5 (μg/m³) 55.5-150.4
AQI 201-300=非常に不健康(Very Unhealthy):PM2.5 (μg/m³) 150.5-250.4
AQI 301以上=危険(Hazardous):PM2.5 (μg/m³) 250.5以上

■2023年9月12日火曜日10:00(インドネシア西部時間)
では、この時間にジャカルタでも大気汚染のひどい地域はどこだったでしょうか。
ワースト1位(AQI 163) =Layar Permai パンタイインダカポック、北ジャカルタ
ワースト2位(AQI 160) =Pulo Mas, カユプティ、東ジャカルタ
ワースト3位(AQI 159) =Jeruk Purut, チランダック、南ジャカルタ
その他Pasir Putih、AHP Gatot Suburoto、Jimbaran2、KemangV,などなど続きショックなのは、ワースト10にAQI156で弊社ビルのあるSemanggiがランクインしていたことです。これら指標は「不健康」に相当します。ううむ。
この数値は日内変動もあり、18:00の時点でチェックしたらAQIが68と下がっていました。
これは惑星境界層の変動により(なんだかさっぱり判りませんが)およそ深夜から午前中はAQI値が上昇し、午後から低くなるようです。
朝爽やか元気に出勤の筈でしたが、大気汚染は退勤時より高く、やはり要マスクです。


■世界108都市でAQI測定しているうち
リアルタイムで変化する数値ながら、9月12日18時現在の世界でのワーストは
1位・AQI254=エルサレム(イスラエル)
19位・AQI75=ジャカルタ
日本の都市では、やっと72位AQI41で名古屋がランクインします。  
反対に空気のきれいなランキング都市はどこでしょう。
1位・AQI8=ポートランド(USA)
2位・AQI12=ヤンゴン(ミャンマー)アスタナ(カザスキタン)
     大阪(日本)バンクーバー(カナダ)チェンマイ(タイ)
     ソルトレイク、シアトル(USA)となっていました。羨ましいですね。
     
■大気汚染対策は?
石炭燃やさない(ウチに石炭ない)ガソリン車に乗らない(そうは言っても車社会だし)
省エネ(ちょっとしたことはできるかな)汚染の酷い日は外出を避ける(コロナ終わったのに)
と様々あります。インドネシア政府も、WFHや電気自動車の使用を推奨しています。
しかし一朝一夕には解決しない問題です。
雨期の到来まで、戸外では再びマスク着用が望ましいかもしれません。
数か月前のコロナ収束時は、三密回避はさることながら「戸外ならマスクしなくてもいい」でしたのにね。
このところ風邪をひいて咳が長引く患者さんを散見します。
大気汚染でさらに喉の不調を酷くしないよう、外出後の手洗いうがいは是非とも継続しましょう。
 
参考文献/サイト:
IQAir(https://www.iqair.com/id/)
IDN Times
健康上ご心配な事がありましたらどうぞご相談ください。
============================
ジャパニーズヘルプデスクインドネシア
日本渡航医学会認定医療職看護師
久津沢りか・携帯電話番号0813-8326-1466
(ワッツアップでご連絡くださいましたら助かります。)
メールアドレス;jkt@j-helpdesk.com
日本語対応スタッフ;ユリ看護師0811-9008-826/ベタ看護師0811-9008-836

関連記事

  1. 【インドネシア】ピンクリボンキャンペーン2023dz…

  2. 【タイ】タイにおける新型コロナワクチン接種状況

  3. 【インド】コロナに負けるな―現地の感染対策予防について

  4. 【インドネシア】11月14日世界糖尿病デー◎

  5. インド じつは寒くもなります。

  6. 医療情報

    【ミャンマー】日本への渡航に必要な書類 (新型コロナ陰性証明…

スタッフブログバナー
PAGE TOP