【カンボジア】カンボジア入国要件がさらに緩和に!!

     

皆さま、こんにちは。
カンボジア・ジャパニーズヘルプデスク(シェムリアップ)の青砥です。

日本は卒業式シーズンを迎え、来月からは新生活がスタートしますね。
そんな新しいスタート目前の本日、カンボジア保健省は予期せぬ朗報を発表しました!

その予期せぬ朗報とは【入国要件の緩和】で今回免除となった項目は、
■カンボジア到着72時間前のPCR検査:陰性証明書の取得
■カンボジア到着時に行う迅速抗原検査(Rapid検査)の実施
こちらの2項目となりました。

ただしこちらの緩和はCOVID-19ワクチンを所定回数接種済み者のみに適用されるため、該当される方は「COVID-19ワクチン接種カードまたは証明書」を到着時に提示しなければいけませんので必ず事前に準備してください。

一方でCOVID-19ワクチン未接種者または所定回数を接種されていない方は、カンボジア到着後の要件で規定されている14日間の隔離を実施しなければならず、こちらの要件緩和はありません。

なおカンボジア保健省は、渡航前のPCR検査:陰性証明書の取得を免除と決定したものの、出国地を出発される前に自身で迅速抗原検査を実施するよう推奨していますので、この点も留意しご自身での実施有無を決定されてください。

またカンボジアでは2020年から停止となっていた、カンボジア到着時に空港または陸路国境でのカンボジア査証発行も今回の入国要件の緩和対象となったため、約2年振りにアライバル査証発行が再開されることになりました。

(※カンボジア入国要件はページ最下部の案内をご参考ください。)

今回の入国要件の緩和は、COVID-19ワクチン接種済み者を対象とするものの、全世界からの渡航者に対して熱烈歓迎の姿勢を示したことになります。大変喜ばしいニュースで朝からSNSでは歓喜モードである一方で、カンボジア保健省は今後も国民に対して「COVID-19オミクロン株」への感染蔓延防止対策を継続するよう注意喚起を出していますので、危機管理意識は今後も持ち続ける必要はありそうです。

 

関連記事

  1. 【ミャンマー】医療情報11月号

  2. 【ミャンマー】医療情報9月号

  3. 【インドネシア】労働法の改正法案によるデモと医療の関係

  4. 医療情報

    【インドネシア】コロナ感染者数はさらに増加しています。コロナ…

  5. 【インドネシア】本格的な雨期に入り体調不良になりがち、ビタミ…

  6. 【インドネシア】社会規制も緩くなってきました。10月は乳がん…

PAGE TOP