【ミャンマー】医療の現状と季節変更に対しての健康管理

     

今年の4月11日~4月15日まで(日にちが年によって違います)はミャンマーで新年を迎える時期であり、その時ミャンマーの人々は旧年の不幸や汚れを洗い流して真新しい年をお迎えできますようにという思いやりの心を込めてお互いに水を掛けるお祭り(水かけ祭り)が行われます。
皆様も健康で良いお年をお迎えできますよう心よりお祈り申し上げます。

Ⅰ. コロナ現状

ミャンマーでオミクロン感染拡大によってコロナ感染者数が一番ピックになった2月が終わり、3月に入ってから感染者数が減少しつつあります。3月の感染者数、退院者数と死亡者数を下記図形にしましたのでご覧ください。

Source:https://www.mohs.gov.mm/


Ⅱ. RT-PCRできる医療機関

 


Ⅲ. ヤンゴンでコロナ入院可能な医療機関

※CMS不可の医療機関をご希望の場合、ジャパニーズヘルプデスクより立替えに行きますので、ご安心ください。


Ⅳ. 季節変更に対しての健康管理 (熱中症等々のご注意点)

Myat Mon 東京クリニック院長 Dr.ミントより
最近ミャンマーの一番暑い時期”暑季”になりましたので皆様くれぐれも熱中症や熱疲労にお気をつけてお過ごしください。熱中症や熱疲労の対策として下記のするべきことと避けるべきことに十分心がけてください。

※するべきこと
①涼しく日陰のある場所に住む。
②直射日光から肌を保護するため手、首、肩まで覆う淡い色のゆったりとした衣服を着用する。
③10:00〜16:00の間に外出するときは傘や帽子を使用する。
④水分を十分に補充する。

※避けるべきこと
①10:00〜16:00の間直射日光からできる限り避ける。
②強い日差しの下で働くことや運動することはできる限り避ける。
③最近日差しが強いので外から帰って来たときはすぐシャワーすることを避ける。
④強い日差しが当たるところからエアコンをつけた部屋にすぐ入ることやエアコンをつけた部屋から日差しが強いところにすぐ出ることを避ける。
*最近暑くなりましたので血圧が高い症状がある方は健康管理に十分気をつけてください。体調が悪くなったらすぐに医療機関に行ってください。*


Ⅴ. ジャパンイーズヘルプデスクよりお知らせ

現在弊社:ジャパンイーズヘルプデスクでは、2022年4月中旬からSOS International Clinicにてヘルプデスクを置き、サービス提供の準備中でございます。本年4月中旬から海外旅行者保険ご加入者様、ヘルスケアご加入者様、その他自費診察となる方全てを対象し、弊社デスクのある医療機関受診時にご利用頂ける特典の他、日常生活でご利用頂ける特典を新たに準備中でございます。本ヘルプデスクの準備でき次第、お知らせいたします。
また別途ジャパンイーズヘルプデスクには今月下旬に新たに1名:日本語対応スタッフが仲間入ります。4歳~12歳まで日本在住歴9年間、N1保有の23歳の女性なので相変わらずご支援の程よろしくお願いいたします。

皆さまの健康を心よりお祈り申し上げます。

 

担当: チョ … N2 保有、日本在住歴8年
    リン … マンダレー外国語大学日本語学科卒、N1 保有、国費留学生として大阪教育大学日本文化研修留学生コース修了
    スー … N2 保有、日本在住歴8年

 

 

関連記事

  1. 医療情報

    【ミャンマー】新型コロナウイルスに関するミャンマーの医療状況…

  2. JHDカンボジア

    カンボジアのプノンペンにジャパニーズヘルプデスクを開設

  3. インド グジャラート州 ベチャラジ病院案内

  4. 病院紹介

    フィリピン|マカティメディカルセンターの退院について

  5. 【ミャンマー】医療情報

  6. 医療情報

    【ミャンマー】オミクロン変異株とミャンマー医療の現状

スタッフブログバナー
PAGE TOP