【カンボジア】JHD会員+特別特典スタート!

     

皆さま、こんにちは。
カンボジア・ジャパニーズヘルプデスク(シェムリアップ)の青砥です。

カンボジアのブログ更新がすっかりご無沙汰となってしまいましたが、カンボジアは2月を迎えてから、気温の寒暖差も影響しプノンペンを中心にCOVID-19陽性者が増えている状況です。
COVID-19陽性者が増えている原因として、①カンボジア人のほぼ全員がCOVID-19ワクチンを3回または4回目接種期に突入しており、感染しても「ただの風邪かも」「ワクチン接種しているから大丈夫」と思う方が圧倒的に多いこと、②オミクロン株陽性者が自宅療養する際に、シッカリと家族(同居人)と完全分離できる生活環境下で療養していないため家庭内感染が増加、という2点が考えられています。
このような状況により先週からついにカンボジアでは、3歳~5歳以下の小児を対象にCOVID-19ワクチン接種キャンペーンが始まり、国民全員で集団免疫獲得に向けてさらに前進することとなりました。これからカンボジアでのCOVID-19との共存生活はどのように変化していくのか、まだまだ今後の政策 / 対策に注目が必要になります。

さて間もなく日本は新年度を迎える時期となり、日本からカンボジアに生活拠点を変えられて新生活をスタートされる方もいらっしゃるかと思いますが、ジャパニーズヘルプデスク:カンボジアも新メンバーで2022年新年度をスタートします!

新生活がスタートに合わせてジャパニーズヘルプデスク:カンボジアでは、いつでも日本語でサクッと日本語解消いただける、日本語直通窓口サービス:JHD会員制度(年会費-登録費は無料)をスタートしました。2021年はシェムリアップデスクのみでの提供でしたが、2022年からはプノンペンデスクも仲間入りし共通特典を会員様にご提供していきます。

私たちカンボジアデスクのスタッフは全員、① 3言語(日本語・クメール語・英語)話者 / ② 元病院スタッフ-医療通訳経験者、という共通点が多いメンバー構成になっています。
各々今まで培ってきた経験を最大限に活かして、カンボジア在住日本人の皆さまのみならず、カンボジア人の方で日本語サポートが必要な方にも対応していきますので、ぜひJHD会員をご活用下さい。

 

関連記事

  1. 【カンボジア】完全開国で再スタート

  2. 医療情報

    フィリピンで麻疹が流行しておりますのご注意ください!

  3. 【インドネシア】病床数が逼迫、コロナ入院事例、PCR検査の待…

  4. 【カンボジア】PCR検査

  5. 【インドネシア】日本人のコロナ入院事例が目立ちます

  6. 【インド】インドの医療、病院は大丈夫?

スタッフブログバナー
PAGE TOP