『クレジットカード付帯の海外医療保険について』#8 ロイヤルプノンペン病院 ジャパニーズヘルプデスク

     

こんにちは。マネジャーの藏田です。
新型コロナウイルスがかなりの勢いで広がってきており、ここカンボジアでもますます感染のおそれが深刻化しております。

医療途上国のカンボジアでいざというときの受診にそなえて、クレジットカード付帯の海外医療保険のキャッシュレス利用についてお話いたします。 

 1-2月になってから、高熱や咳、下痢症状、呼吸苦などがみられますと、新型コロナウイルスの症状と重なるため不安や鑑別の希望もあり、多くの方が自宅で様子をみることなく来院いただき、結果、一般的な気管支炎や胃腸炎の診断にて入院治療いただいています。(接触履歴によって新型コロナウイルスが疑われる場合は、医師の診断のもと当該ウイルス検査のため国立クメールソビエト病院に搬送、陽性の場合はクメールソビエト病院に入院となります)
 米国で新型コロナウイルスの患者さんを実際診療している医師が、従来の各種抗生物質なども効果がなく、長く高熱が続く肺炎でありエボラウイルスに使用したウイルスを殺す薬剤でようやく1週間ほど経過して解熱した、持続的に酸素の投与も必要とし、医療の未発達な途上国では同じ状態でも重症化してしまう可能性はあるだろうとコメントがありました。

 新型コロナウイルスでなくとも、やはり先進国で生活をしてきた日本人が強い感染症にかかった場合、検査や薬剤など日本と同等レベルの医療が求められますね!
 
 そこで気になるのが医療費です。ロイヤルプノンペン病院は、医療費が高いとよくご意見いただきます。かたや、まったく医療費についてご存じなく緊急に来院され、医療保険の加入がないため診療せずに帰宅される方もおられます。目安としましては、米国ほど桁違いの高額な医療費ではありませんが、日本で公的保険を使わず医療費100%自己負担いただいた場合のよりやや高額と考えていただければです。

 具体的には、外来の医師の診療費が25-60ドル、病院事務フィーが10ドル、そのほか、検査、薬剤費、救急外来利用時の加算などがそれぞれに応じて必要となります。代表的な検査例としましては、胸部CTはロイヤルプノンペン病院では405ドルです。自己負担であれば、60ドル+10ドル+405ドル= 475ドル(約50000円)の請求となります。(日本の保険診療で初診の方なら30%負担の場合5400円の支払いとなり、実際の医療費は100%として18000円です)

 入院費用に関してもお問い合わせをよくお受けします。一般病棟の場合、部屋代(全室個室、付き添い用ソファー、バストイレ、テレビ、冷蔵庫、クローゼット付)3回の食事、医師診察料、看護料が含まれる基本料金として一日700ドル(7万円)程度となり、ほか、病状や検査、薬剤、診療材料の費用が加算されます。(ICU加算、手術費用等は別途計算体系あり)入院時の外来診療費も含めて退院時に清算されますので、おおよそ一日入院費1000ドル(10万円)程度の概算としていただければ不足はないです。
 
 医療費の前置きが長くなりましたが、突然の発熱などでもこのように多額のUSドルでのキャッシュもしくはクレジットカード一括支払いが必要になりますので、海外医療保険にはぜひともご加入していただきたいです。とくに日本の保険は保障が手厚いことで世界的に有名です。年会費が無料であったり、加入の審査も厳しくない一般的なクレジットカードの付帯保険でも医療費を100-300万円程度までカバーしています。また保険サービスを引き受けているのは日本の大手の各損保会社であり、保障は確実であり安心いただけます。ご活用になってください。

 ロイヤルプノンペン病院のジャパニーズヘルプデスクでは、ほぼすべての日本のクレジットカード付帯保険のキャッシュレスサービス手続きを引き受けています。とくにヘルプデスクからキャッシュレス手続きの早いカード会社(写真添付)と、平日時間外はキャッシュレスに対応しない(一旦自費払いが必要)カードなど多種多様な取り扱いがあります。ご相談のご連絡をいただけましたらお手持ちのカード毎の保障額やキャッシュレスの手配の方法等詳細を調べてご説明させていただきます。ご連絡をお待ちしております。

医療機関名:Royal Phnom Penh Hospital/ロイヤルプノンペン病院
住所:No. 888, Russian Confederation Blvd. Sangkat Toeuk Thla, Khan Sen Sok, Phnom Penh, Cambodia 12000
連絡先:+855-23-990-681(代表)
診療科目:総合(歯科も含む)
JHDオフィス営業時間:月-土:8:30-17:30|日祝休み|24時間オンコール対応可能
JHDデスク設置場所:グランドフロア一階、レジストレーションカウンター前
担当スタッフ 日本人スタッフ:藏田 亜矢|クメール人スタッフ:Neasa
電話番号 藏田 +855-70-880-331(24時間対応可)|Neasa +855-87-444-245(24時間対応可)

関連記事

  1. 新型コロナウイルスの現状と予防方法

  2. 感染症対策はまず手洗いから!JHDインドネシア

  3. 医療情報

    ●セブ島でコロナウィルス検出●

  4. 医療情報

    世界各地で麻しん、風しんの感染例が報告されています。

  5. < 新型コロナウイルスのはずはないけど受診したい。JHDイ…

  6. 医療情報

    フィリピン|医療事情

PAGE TOP