<インドネシア大規模社会規制が緩和方向にあります>

     

3月20日から始まったインドネシアの大規模社会規制も、6月4日に一部緩和と発表されました。
5日よりイスラムの金曜日礼拝もモスクが再開され、公共交通機関も時間短縮や人数制限はあるものの運行再開です。

しかし日本やインドシナ諸国と異なり、インドネシアのコロナ感染者数はうなぎのぼりです。
6月6日には累計感染者数3万人を突破しました。6月9日現在、累計感染者数33, 076人、死亡者数は1,923人、
現在治療中の患者数も増加を重ね19,739人となっています。
これはひとえにPCR検査の実施数が増えていることによりますが、
4月から通して1日あたりの死亡者数は20-30人台でおさまっています。
また人口100万人あたりの感染者や死亡者数に着目すると、いわゆる感染爆発は起こっていません。

そこでインドネシア政府は’NEW NORMAL’指針を打ち出し、引き続き3密を避ける、手洗いの励行、マスクの着用を促し
患者発生数の多い地域をより細分化して規制を強化しています。
しかし経済活動をこれ以上停滞させることもできず、一部規制緩和で折り合いをつけています。
在留邦人の皆様におかれましては、気を緩めることなく感染防止にご注意いただきたいと存じます。

ところで従来なら受診する症状なのに病院に行くのをためらい、さらに症状が悪化した事例も散見します。
では現時点で実際に外来受診する場合はどのようになるのでしょう。

①JHDにお電話でご予約ください。(WhatsApp,SMS、eメール可)
病院では予約・外来受診者数をかなり制限していますので、原則1日前までに予約が必要です。
当日の発症は重症度により救急外来受診、または対応可能な医療機関を検索します。
今までお電話で相談を受けた事例うち、「多分一時的な症状だと考えられますので、1日様子見しましょう。」とした後、
翌日には「だいぶ良くなりました。教えてもらった家庭看護の方法で安静にしていたら大丈夫そうです」がほぼ全員でした。

②受診当日はマスクの着用お忘れずに。受診時間の少し前に病院入口でJHD職員と待ち合わせしましょう。

③病院入口では3月初旬よりコロナ院内感染防止の諸手続きを厳重に実施しています。
病院に入る前に検温や問診があります。コロナ感染症状がある場合は病院建物外に設置した臨時診察所で対応します。
迅速検査はじめ胸部CT検査結果によりコロナ感染を強く疑われる場合は、コロナ感染症指定病院に紹介されます。

④入口で問題ない場合、病院内に入り通常どおり外来受診します。待ち時間はさほどありません。

⑤お薬の調剤に時間がかかりそうな場合は、病院からご自宅にお届けするサービスもあります。

⑥受診後は速やかにご帰宅し、靴やバッグはできるだけ玄関近くにおいて室内奥に持ち込まない、
まずしっかりと手洗い、そしてシャワーとお着換え、うがいのち水分補給をされてください。

⑦私共JHDでは受診後きちんと治癒するまで事後のフォローアップをしています。何かありましたらご相談ください。

*なおシロアム病院では症状や受診履歴により、ビデオコールによる診療も可能です。

さてコロナだったらどうしよう?どうしたらいいの?どうなるの?とご心配はもっともです。
以前同様、重症度により入院を余儀なくされます。JHDではビデオコールによる医療通訳サポートをします。
・携帯電話は生命線になりますので、チャージャーやソケット、延長コード、Wifi環境などのご確認をお願いします。
・日本以外ではLINEよりWhatsAppのほうが普及していますので、インストールお願いします。
・コロナ指定病院うちシロアム病院系列ではJHDをご利用の場合、海外旅行保険のキャッシュレス対応も可能です。

なお治療方針は世界的に共有されていますので、インドネシアだからとご心配されるには及びません。
中国はじめ世界中の医療者が事例報告を逐次公開し、よりよい治療を模索しています。

それにしても、手洗い習慣が国民全体でこれだけ普及したら風邪や食中毒も激減するでしょうね、特にこのインドネシア。
病気はコロナだけではありません。
1無し「喫煙」はダメ絶対ダメ、2少し「お酒」と「お食事」は控えめに、3沢山「適度な運動」「充分な休養」「楽しい人付き合いやユーモア」は沢山!
で疾病全体に対する抵抗力、自然治癒力を高め、健康の維持増進を目指しましょう。

============================
ジャパニーズヘルプデスクインドネシア
日本渡航医学会認定医療職看護師
久津沢りか・携帯電話番号0813-8326-1466
(通話中などで繋がらない場合はSMS,WAくださいましたら助かります。)
メールアドレス;jkt@j-helpdesk.com
日本語対応スタッフ;Yuli看護師0811-9008-826/Beta看護師0811-9008-836

関連記事

  1. カンボジアの経済の活気と銀行預金事情

  2. ジェイアイ傷害火災保険様の紹介動画でJHDを取上げて頂きまし…

  3. セブチョンワホスピタルスタッフ

    😀Have a great new year…

  4. ジャパニーズヘルプデスク インドのご紹介

  5. インド式 水分補給の仕方 暑い夏を乗り切りましょう!

  6. インドの病院の休診日、医師のお休みの取り方について

PAGE TOP