【タイ】タイにおける新型コロナワクチン接種状況

     

2月24日に、シノバック製ワクチン20万回分と
アストラゼネカ製のワクチン11万7,600回分がバンコクに到着し、
タイ国内のワクチン接種に関心が高まる中、
2月28日よりタイ国内初のワクチン接種が開始されました。
現在タイ国内において、タイ王国保健省等で承認された新型コロナウイルスワクチンは
上記2種を含めて全部で7種類です。

4月20日時点においてタイにおける新型コロナウイルスワクチンの、
1回目の接種を終えた方が571,825人、
2回目の接種を終えた方が94,385人と発表されています。
また4月1日よりタイ国内全県でワクチン接種開始されていますが、
タイの人口に対し遅々として進んでいない状況となっています。

接種の対象は、概ね医療従事者をはじめとして政府が認める関係者や地域などを中心に
ワクチン接種を進めていますが、一部例外的な措置もございます。
プーケットでは観光業関係の従事者が多いことから、早期に観光客受け入れを目指して、
他の地域に2カ月先行して市民のワクチン一斉接種を行うなどの発表や、
航空業界関係者への早期ワクチン接種を行うなど、
観光業に注力しているタイならではの事情もあるようです。

現在タイ政府の発表では、6,500万回分のワクチンを確保し、
更に官民協力の下、3,500万回分のワクチンを調達することを目指すとしています。
今月下旬にはシノバック製ワクチン50万回分、5月中に100万回分を輸入、
また、タイ国内においてアストラゼネカ社製のワクチンを国内生産し、
年内に6,000万回分以上を供給する計画と発表されています。

いずれにいたしましても、タイでは正式な発表後でも発表の修正が度々おこなわれますので、
今後も発表を注視しながらお伝えしていきます。
また現時点では日本人を含む外国人向けワクチン接種情報が、正式に発表されておりませんので、
発表され次第改めて発信いたしますので、今しばらくお待ちください。
ジャパニーズヘルプデスクでは、今後のより良いサービスご提供と、
またご希望の方へ情報をお届けできますよう、
コロナワクチン接種について皆様のご意見を伺っております。
ご協力をよろしくお願いいたします。

<コロナワクチンアンケート>
https://forms.gle/MvL5SSacWJZbponC6

【ジャパニーズヘルプデスク(保険アシスタンスデスク)】
平日・土日:08:00~17:00(祝日はお休みとなります)
お問合せ:098-262-0374 (日本語、タイ語)
【スクンビット病院】
24時間対応
総合受付:02-391-0011(タイ語、英語)

 

関連記事

  1. 【インドネシア】新型コロナウイルスのはずはないけど受診したい…

  2. 医療情報

    【インドネシア】コロナのフェーズが上がりました。皆様からの相…

  3. クレジットカード付帯保険

    出国前に必ず確認!クレジットカードの付帯保険について

  4. 【フィリピン】筋力低下した状態から運動を再開する際の注意点

  5. ジャパニーズヘルプデスク インドのご紹介

  6. 医療情報

    フィリピンのお薬事情💊Paracetamol…

スタッフブログバナー
PAGE TOP