カンボジアの経済の活気と銀行預金事情

     

*カンボジアの経済の活気と銀行預金事情*

こんにちは!ジャパニーズヘルプデスクのマネジャー藏田です。
今日は医療トピックスからはなれて、カンボジアの経済の活気と銀行預金事情について、お話いたします。

 カンボジアでは米ドルが大量に流通しており、半端な流通ではなく、
日常生活からビジネスまで米ドルで決済できます。観光に来られる際には、
米ドルがあれば現地通貨の両替は不要です。

ビジネスを企業するにも為替リスクが少なく安定して投資ができる環境です。
われわれ日本人現地採用組の給与も通常米ドル建て支給になっています。

 特に低金利にあえぐ日本人にとって、定期預金の利率が6%(条件による)を超える銀行もあり、
人気です。ジャパンデスクを構える(日本人職員が対応)銀行もあり、
在留者でなくとも指定されるビザと日本の会社所属の証明するものがあれば、
ツーリストの方でも口座をつくることができます。

 元来、資本主義とは、しっかり働き、ざくざく預金をして、預金には利息も十分について、
そして次はまとまったお金で投資をして、財産を増やしてゆくことができる経済体制だったはずですね。
悲しいことに昨今の日本人労働者の給与レベルでは、
預金することもままならず、財産を形成することもできす、低所得、貧困にあえぐ人が増えてきました。
手も足も出ない閉そく状態を感じさせます。とうとう国民皆に基本的な生活をまかなう費用、
ベーシックインカムの配布も真剣に論議されるようになりました。
中国人の友達に中国より社会主義国家みたいといわれたのは、もう数年も前のことでしたが。

 一方、つい最近までカンボジアでは銀行口座を持たない方が多かったです。
最近は大手銀行でも口座開設する人たちで大混雑しています。
また、一般庶民の老若男女みなタフに本業以外でもミニビジネスも活発に展開、
屋台に始まり、自宅前の空きスペースに飲食店や小さな銀行を出店したり、
洋服や化粧品などを中国や近隣のタイなどから仕入れてFacebook上では
声高らかにムービーで商品説明しながらネット販売する若者もたくさんです。
また土地の高騰によって(ある人はプノンペンの地価は
近年30倍の値上がりしたとも言われます)富裕層もぞくぞく生まれ、
数年前までは中古車一辺倒でしたが日本でも見たことのない
新車の高級車がたくさん一般の道路を走るようになりました。
2011年に生まれたカンボジア証券取引所もここ2-3年の好況とともに
投資家や株式上場も増え、活発な取引が行われています。

 日本が悪くて、カンボジアが良いという単純なふりわけではありません。
日本人のわれわれは世界の多くの国で生活や就業、起業も許されます。
カンボジアに興味のある方は、カンボジアのビジネスパートナーと
お仕事しこの活気をいただくこともいつでも可能です。
どうぞ一度カンボジアに遊びに来てください!
Welcome Kingdom of Wonder CAMBODIA!

*写真は、友人と集合した、
2か月前にオープンした高級コンドミニアムThe Penthouse Residenceの屋上のCeleste Sky Barです。

医療機関名:Royal Phnom Penh Hospital/ロイヤルプノンペン病院
住所:No. 888, Russian Confederation Blvd. Sangkat Toeuk Thla, Khan Sen Sok, Phnom Penh, Cambodia 12000
連絡先:+855-23-990-681(代表)
診療科目:総合(歯科も含む)
JHDオフィス営業時間:月-土:8:30-17:30|日祝休み|24時間オンコール対応可能
JHDデスク設置場所:グランドフロア一階、レジストレーションカウンター前
担当スタッフ 日本人スタッフ:藏田 亜矢|クメール人スタッフ:Neasa
電話番号 藏田 +855-70-880-331(24時間対応可)|Neasa +855-87-444-245(24時間対応可)

関連記事

  1. ジェイアイ傷害火災保険様の紹介動画でJHDを取上げて頂きまし…

  2. 『カンボジアの人気の市場』

  3. 医療情報

    【インドネシア】大規模社会規制が緩和方向に

  4. インドのタクシー事情

    インド|救急車を呼ぶよりも便利?アプリで快適に病院へ行こう!…

  5. 飛行機

    【フィリピン】海外メディカルサポートプログラムの販売開始

  6. 〈インド〉 新型コロナウイルス関連肺炎拡大に伴う対応に関する…

スタッフブログバナー
PAGE TOP