【ミャンマー】クーデター禍の医療状況について

     

現在、ミャンマークーデター発生により、政府系病院の医師・看護師達がCDM(Civil Disobedience Movement)で出勤を拒否しており、ほとんどの政府系病院の外来は一時閉鎖となっています。
コロナ感染者数は増加しており、私立病院もコロナ病床は満床となっています。

1. 現在、ミャンマーのコロナ状況

ミャンマー保健・スポーツ省が2021年8月19日に発表した新型コロナウイルス感染症患者に係る情報の概要は、以下通りです。
2020年3月26日~2021年8月19日、20:00までミャンマーでコロナ検査数3,395,125名、陽性者365,759名、回復286,775名、死亡者13,945名です。
※CDM継続により、正確な感染者数は不明です。
※政府系病院はクーデター発生のため、以前のように治療ガイドラインは決まっていません。
※保健省によりますと陽性感染者数が増加しており、保健省医療従事者や政府病院と私立病院の病床なども足りなくなっています。

2. 現在、ミャンマーのコロナ医療機関状況

※政府系病院はクーデター発生のため、以前のように治療ガイドラインは決まっていません。
①Yangon General Hospital
➁Mandalay General Hospital

※感染後治療できる私立病院(ヤンゴン)は以下となります。
(現在、全て満床となっています。)
①Pun Hlaing International Hospital
・COVID-19専用、緊急外来での特別入口及び特別フロア有 。
・検査代→230000MMK(約1万6千円)、
 Fit To Fly 必要な場合 → 250000MMK(約1万7千円)
・検査後陽性の場合は入院できます。入院の際は11日間で約3600ドル(ICUは約7000ドル)と別途で薬代、診察代、検査代がかかる。
・入院しない場合は約50ドルオンライン診療ができる。
・COVID-19専用病床は100台、ICU病床は4台、HDU病床は3台。
➁Ar Yu International Hospital
・COVID-19専用、緊急外来での特別入口及び特別フロア(建物)有 。
・検査後陽性の場合は入院できる。(酸素50%以下は入院不可)
・入院の際は事前にデポジット金を払う必要があり。
デポジット金は以下となります。
・Normal Standard Room →700万MMK
・VIP Room→800万MMK
・ICU→1000万MMK(入院中の悪化した患者優先)
・COVID-19専用病床は40台、ICU病床は6台
➂ASIA ROYAL HOSPITAL
・COVID-19専用、緊急外来での特別入口及び特別フロア(建物)有 。
・入院する患者のみPCR検査し、事前にデポジット金(約800万)を払う必要があり。
・COVID-19専用病床は10台
➃ACADEMY HOSPITAL
・COVID-19専用、緊急外来での特別入口及び特別フロア有 。
・検査後陽性の場合は入院が出来、事前にデポジット金(約350万)を払う必要があり。

3. 現在、ミャンマーのコロナ予防接種

ミャンマー国民は接種する場所は決まっておりませんが、無償でワクチン接種することができます。
今行っているミャンマー人のワクチン接種では事前予約が出来ず、住民票と身分証明書をお持ちして並ぶ必要があります。
外国人はワクチン接種できるという正式な発表はまだ確認できておりません。
私立病院でのワクチン接種は予約することができますが、ワクチンは入荷していない状況となっております。

 

担当: サンダ … N1 保有、日本在住歴8年
    チョ … N2 保有、日本在住歴8年
    リン … マンダレー外国語大学日本語学科卒、N1 保有、国費留学生として大阪教育大学日本文化研修留学生コース修了

 

 

関連記事

  1. 医療情報

    【ミャンマー】オミクロン変異株とミャンマー医療の現状

  2. 病院紹介

    フィリピン|マカティメディカルセンターの入院について

  3. 病院紹介

    フィリピン|マカティメディカルセンターの情報アップしました!…

  4. インド ラジャスタン州 ニムラナ 病院案内

  5. ★ジャパニーズヘルプデスク ミャンマーのご紹介★

  6. 【インド】期間限定・歯科受診サポート費用割引キャンペーン中

スタッフブログバナー
PAGE TOP